2014年6月21日土曜日

キリスト教と算数 #73 ヨハネの黙示録の中の幾つかの聖句について

ヨハネの黙示録第14章20節 
そして、その酒船が都の外で踏まれた。すると、血が酒船から流れ出て、馬のくつわにとどくほどになり、1600丁に渡って広がった。

1600÷2.4=? 
割り算の過程で6X2.4=?が繰り返し行われてます。 144は12の二乗(自乗)です。 
12X12=144
従って、ヨハネの黙示録第7章4節から6節に関わってきます。
4 わたしは印をおされた者の数を聞いたが、イスラエルの子らのすべての部族のウチ、印をおされたものは十四万四千人であった。
5 ユダの部族のうち、一万二千人が印をおされ、ルペンの部族のうち、一万二千人、ガドの部族のうち、一万二千人、6 アセルの部族のうち、一万二千人、ナフタリの部族のうち、一万二千人、
マナセの部族のうち、一万二千人、7 シメオンの部族のうち、一万二千人、レビの部族のうち、一万二千人、イサカルの部族のうち、一万二千人、8 ゼブルンの部族のうち、一万二千人、ヨセフの部族のうち、一万二千人、ベニヤミンの部族のうち、一万二千人が印をおされた。

「あせるな。」は、「慌てるな。」という日本語にも関わる。
ガド族は周知の事実ですから説明は割愛します。
断続的にダン族の問題は継続か?彼等はどうしてるのか?
マナセ氏は過去(平成11年頃)に私を糾弾しようとした鬼の平蔵さんではない点は強調しておきます。(大爆笑)あの人は今どうしてるのかな?素晴らしい伝道活動に対して否定的なのかどうかを質問したい所です。
実は、上記の聖句を読んでもう一つ重要な解釈が必要になるがそれもあえて割愛させてもらいます。申し訳ありません。誰も質問しないであろうけども。へXmilとあはXmilアルコール中毒者の両者は質問してくる可能性があるが私は却下すると思う。

12使徒が存在してる。平日を守ってるやもしれません。大管長会は安息日を守ってるおられると考えられます。平日が六日間で日曜日だけが基本的にお休みで例外扱いされてるからです。
6+1=7 24÷8=3 午前が12時間で午後が12時間で一日は成立してる。そして、朝、昼、晩で3種類に時間が分れてると考える日本人。朝晩の二元論はフランス人か?

73という数字は10の内の3分の2以上が7で3分の1以下が3を示唆してるかもしれない。
これからも不規則ながら、キリスト教と算数を継続していきます。お楽しみください。