2015年5月20日水曜日

ベーコンピザ 平成27年五月



 実際の所、個人的には勝利することしか頭に無かったが、34%の反対票によって辛勝でもあるし大勝利でもあった大阪都構想の住民投票。 否決されて良かったです。
 大勝利を祝して個人的にピザを飲食店で食べに行こうかと考えたがそれを辞めて近所で午前中から深夜に至る迄営業してる万屋(よろずや)でピザを購入して自宅で調理する道を選びました。理由は営業してる飲食店だが賛成票が多い町だったからです。それだったら、反対票が多めだった地元でのんびりと自宅で調理し食事をした方が良いかと考えました。ピザは購入したから方法は変更したが一応は有言実行したと考えてます。調理は後ほど行います。
 まさか、こんなに劇的な結果だったとは夢にも思いませんでした。神経を使う戦いであったのでこんなことは二度と体験したくないし住所変更を伴う政策は暴政で間違えてます。申命記19章9節の教えに反してます。テレビ業界が大阪都構想について前向きであったのは複数の利点があったかもしれないがカジノで公演が行われるとそれを放送したりすると巨額の利益が転がり込むと考えていたからかもしれません。無論、反対を唱えたテレビ関係者や芸能人がいた点は否定しません。
 日本であっても教会の教えと政策が適合してるかを考えて投票する有権者はいます。
 政争が終わったから脱力してピザを焼いて食べたくなってきました。しかし、悪い動きもあるようです。