2014年7月17日木曜日

皆さん、難病患者には優しく接しましょう 平成26年7月

パーキンソン病患者に迷惑をかけてた教会員(ビショップ)が伝道部会長に叱られていたのを連想する。世の中には困ってる人が助けが必要とされてます。

厄介なのが、境界性人格障害に罹ってる人物が自覚せずに多くの教会員に迷惑をかけているので改善を求める声は大きくなると思う。説明もなしに生活費の支払いを求められても支払い拒否をする人は多いに違いない。だが、理不尽な提案をしてきた人間が逆上してきたので嘲笑しそうになる。