2014年7月20日日曜日

キリスト教と算数 #74 あの日、神々は泣かれた

キリスト教と算数 #74 あの日、神々は泣かれた

この日が無かったならば。誰もがそういった日があると思います。分水嶺は存在します。
243090÷365=? 一日は24時間であるし一か月間はおよそ30日間であるし90日間は一つの季節を示唆します。二桁ずつで御子イエス・キリスト様、天父、御霊を示唆してると思います。
御子イエス・キリスト様が試練を受けられた時には神々は泣きました。
242424÷364=?
話は前後するようですが、過去に243090÷365=をさる人物に伝えたら「うるう年はどうなのか?」と質問されました。全く逆に一日として数えてはいけない日が存在するようですね。うるう年も簡単に導けます。
243756÷366=? 244000÷366=? 244000-244=?
私は読んで覚えるだけの人が嫌なので簡単な計算という実行を皆さんにしてもらいたいので例題を発表する程度にとどめておきます。
八柱の御子神。 8X3=?
実際の所、何かを集めるか3分の2を示唆する数字全てが関わってきます。一桁の数字を掛け算してヨハネの黙示録の数字を導くのは7を除外して行えます。7だけが例外だと考える必要があるようです。
割り算の場合、何らかの数字から1000分の1を引き算した数字を割り算するとそれなりの答えが導けます。但し、把握してもらいたいのはユダヤの世界では3つ以上が複数という概念があるのです。そこを理解して計算するか否かは各自の自由意思に関わると思います。言い換えると3分の2を優先するか否かは各自の自由です。
61は六日間の平日に1日の安息日を示唆してるでしょう。18番目の素数だから、あの6+6+6=?
以下のみ例外とします。41X3X3=369 41は13番目の素数です。御子イエス・キリスト様の弟子の人数は何人でしょうか?