2014年12月1日月曜日

キリスト教と算数 #77 およそ

37. 一か八か。言い換えるとうまく行くか行かないか? 二人の親がいないと一人の子供は生まれない。 37X21=? 37X18=? 37は素数で3と7も素数。 343は7の三乗。 7X7X7=343
図形に関わるが多くの人々が気づいていないであろうなぁ。一つは隠されてるが「表面は表面。」は重要。3分の2と3分の1に分かれてる。3分の2以上と3分の1以下という考えも必要になる。これも、およそですね。

1428570÷2145=? 1÷7=0.14285714285(およそ0.1428570)
95X7+1=?
それだけ、7が注視されてるのでしょうね。

地球は真球ではないとされてる。一日は24時間。ちなみに不完全な真球ではないからか、うるう年が存在してるのは4年に一回。コンパス(円規)は0度から180度まで有効です。その中で注目しないといけない角度は何か? 36度です。

一日は24時間。12使徒は存在してる。12X2=24 午前12時間と午後12時間の両者で24時間。
24000÷36=? 24000-24=23976 23976÷36=?
もしも、3分の2にこだわるなら、24÷36=?だけの計算をしてみてください。
過去にも何度か主張してるが日本語やヘブライ語の概念の中には、複数形とは三つ以上を意味する時がある。理由は、両手、両目、両足のように双数形(二つ)に拘るからです。
円規を取り上げたからには、もう一つ取り上げます。スコヤこと直角定規は90度。
90÷135=? 60÷90=? 90000÷135=?
89910÷135=? 60000÷90=? 59940÷90=?

243090÷365=? 
うるう年に計算したい人はこういった計算も推奨します。 
243756÷366=?

そういや、冒頭の一か八かですが、8を除外しつつも8種類の数字を集めるとこういった結果も導けます。
12.345679X54=?

12.345679X63=?