2013年11月14日木曜日

キリスト教と算数 #67 本日は、僕の記念日

72。この数字は8000÷12=?を紙に書いて計算してる時に出現します。 言い換えると、6X12です。12と言えば12使徒。そして、午前と午後の時間はそれぞれ12時間。2000÷3でもヨハネの黙示録13章18節を連想するような計算結果が現れます。だけど、4もヨハネの黙示録7章1節に採用されてます。

この後、わたしは四人の御使が地の四隅に立っているのを見た。彼らは地の四方の風をひき止めて、地にも海にもすべての木にも、吹きつけないようにしていた。

四隅ですから東西南北ですね。90X4=360 72÷2=36 6X6=36

72時間は三日間です。 24X3=72 前述したが右記の計算をする時にも72が出現します。8000÷12=? 三日間と言えば、御子イエス・キリスト様が復活される迄に必要な時間でした。そればかりか以下を参考にしてみてください。
出エジプト記10:22モーセが天にむかって手をさし伸べたので、濃いくらやみは、エジプト全国に臨み三日に及んだ。 10:23三日の間、人々は互に見ることもできず、まただれもその所から立つ者もなかった。しかし、イスラエルの人々には、みな、その住む所に光があった。

3分の2なので、6000÷9=?もご想像してみてください。